05月30日 (土)

[PR]

印象が変わる!美眉ポイント【Step2】お手入れツールGET



理想の美眉に欠かせない“お手入れツール”

さて、前回【Step1】に引き続き美眉になるためのポイントをお伝えしていきます。

今回の【Step2】では理想の美眉を形作るのに欠かせない、“お手入れツール”をピックアップしました!

main

なに持ってる?眉のお手入れツール4種類


たかが眉ツールといえども、完璧にそろえようとするとかなり種類があります。まずはお手入れの基本ができれば十分です。

ここでは4種類をご紹介します!


長さを短くする(眉バサミ)
眉の毛1本1本に長さがあると、眉尻が下がりどうしても八の字眉のように野暮ったく老けて見えがちです。
眉用の短いカットバサミで様子を見ながら1~2本ずつカットするのがおすすめ。
毛流れを整える(ブラシ付コーム orスクリューブラシ)
眉カットをするときやペンシルで実際に描き足すときにも使えて便利なブラシ付コームスクリューブラシ。
毛流れを整えたり、毛が浮かないように抑えてカットするときに使ったりします。
眉は上下から密集して生えているので整えるだけで垢抜けることもありますよ!どちらかは持っておきたいツールです。
周りの産毛をなくす(カミソリ or 電動シェーバー)
眉毛のカットは怖い、という方は周りの産毛を処理するだけでもかなりスッキリとした印象へ。
産毛を処理することにより本来の眉がくっきりと立体感を持つ効果があります。
1カ月に1回はやるといいかもしれません。
必要のない眉毛をなくす(毛抜き)
英語でツイーザーと呼ばれる「毛抜き」。眉毛では本当に要らない、必要のない毛を処理するときだけ使いましょう。
後々生えてこなくなってしまった…となることも多いので、あまり多用使いはおすすめしませんが、毛根からキレイに処理できるので肌をキレイに見せることができます。

基本的なツールだけでOK

基本的なツール

値段もピンキリな眉のお手入れツール。今ではドラッグストアやコンビニでも数多く販売されています。

プロの方ですと長年使うので高価なものを持っている場合も。


口コミなども調べて使いやすいものをそろえてみてはいかがでしょうか?

次回はこれらのツールを使用しながら、もう少し具体的なお手入れ方法をご紹介していきますね!

具体的なお手入れ方法へ