05月30日 (土)

[PR]

腸内細菌の話その①



main

善玉菌と悪玉菌って何?


最近、なにかと注目を集めている善玉菌と悪玉菌。

英語と数字が羅列された分かりずらい菌の名前がずらり。

正直違いの分からないまま、何だか良さそうと思い取り入れている方も多いのではないでしょうか。


今回は、分かっているようで分かりにくい腸内細菌についてお話していこうと思います。


体内細菌の事実


体の中の細菌ってどの程度存在しているかご存じでしょうか。


実は数百兆個にも上るほど存在しています。

一説では一般成人の体内総量は約2kgにもなると言われているほど、私たちの体の中でも大きなウェイトを占めているのです。


そんな細菌ですが、大きく分類すると体に好適な働きをする善玉菌、マイナスな働きとなるとされている悪玉菌。

そしてどちらにも偏らない通常は影響度の低い日和見菌の3種類が存在しています。


3種類の体内細菌

3種類の体内細菌

善玉菌の働きが優位になると、免疫力の向上や、ストレスの軽減、排出を含む代謝の向上、乾燥の防止、血流の向上など、私たちが生きていく上でメリットとなるような機能が向上するとされています。


反対に悪玉菌はこれらの機能を阻害・低下させる働きがあるとされているので、一般的に便秘になったり、冷えが進んだり、肥満になったり、風邪をひきやすくなるなどの体機能を低下させてしまいます。


この二つは言葉の意味から、どちらが多い方が良いのかはイメージしやすいかと思いますが、もう一つ上げた日和見菌についてはどうでしょうか。


この菌は、環境によってどちらの動きもする可能性のある菌なので、善玉菌を増やすことに加え、日和見菌をどちらに優位に働かせることができるかも、体調を整えていく上では非常に重要になってくるのです。


善玉菌を増やすには


では、善玉菌を増やしていくにはどうすればいいのでしょうか。


善玉菌はヨーグルトや乳飲料でも製品化されて市販されていることからも分かるように、乳製品に多く含まれています。

また、善玉菌の働きを強化させるために善玉菌のエサとなる食物を摂取することも重要となります。


こちらは水溶性の食物繊維が最も適していると言われており、分かりやすい例でいえばバナナや、ミカンなどのフルーツ類やレタスなどの野菜にも多く含まれています。


朝食にパンとヨーグルトにバナナ。こちらが理想的な食事として取り上げられることが多いのは、単に栄養バランスという面からだけではなく、善玉菌の補給と善玉菌への栄養という面からみても理に適っていたんですね。

更に、日本人が古来から食事に取り入れてきた漬物にも乳酸菌が沢山含まれており、もう一度和食へ立ち返って食生活を見直してみるのも、健康づくりの第一歩としていいのかもしれません。


腸内細菌の話その②へ続く